講座について

『日本語教え方講座』
授業時間:50分x3コマx20回
配布資料:合計290枚(各回平均14〜15枚)
※「紙の資料を無料で郵送」もしくは「PDFダウンロード」
受講料:39,600円(税込)

 

「みんなの日本語」を使った初級日本語の教え方講座をオンライン(オンデマンド)で実施しております。

各回授業のダイジェスト動画はこちら >>

受講生の声はこちら >>

無料ダウンロード補助教材はこちら >>
※オンライン授業の宿題プリントとしてもご活用頂けます。

対象者

1.『みんなの日本語』(株式会社スリーエーネットワーク発行)を使用して日本語授業をしてみたい。そのための授業スキルや初級の文法体系を身につけたいと考えている方。

 

2. 日本語教育能力検定試験に合格したので、日本語教育機関やボランティアもしくはオンラインで教えてみたい。「420時間日本語教員養成研修」等は受講せずに日本語授業の基礎知識やコツ、初級の文法体系を身につけたいと考えている方。

 

3.大学の日本語教師養成コースもしくは民間の日本語教師養成講座(420時間研修)で勉強したことがあるが、ブランクがあるためすぐに教えられる自信がなく、学び直したいと考えている方。

 

4.「日本語教員養成研修」は修了したが、『日本語の教え方』や『教科書の扱い方』をうまく捉えることができなかったと感じている方。
教案をゼロから作るのではなく、お手本を真似して自分流にアレンジする学習方法に興味がある方。

 

5.『みんなの日本語』を使用して教え始めているが、授業準備が大変なので負担を軽減したい。教案作りをパターン化できないかと考えている方。

 

講座内容

本講座は株式会社スリーエーネットワークが発行している日本語教育用の教科書である『みんなの日本語』を使用して、外国人に直接法で日本語を教えることができるようになるためのeラーニング講座です。(直接法:日本語で日本語を教える)

 

『みんなの日本語』は、日本国内はもとより世界中の日本語学校、大学等の教育機関で採用されています。このテキストの「教え方」が分かると、世界中で日本語を教えることが可能になります。

 

本講座では、50分x3コマx20回の授業を通して『みんなの日本語』第1課〜第25課の「⽂法項⽬の教え⽅」「⽂型分析の⽅法」「教案作成の⽅法」について学びます。日本語に関する文法知識がどのような形で実践に繋がるのかも実感して頂きます。

 

『みんなの日本語』の構成と各練習の意味、副教材の使い方についても詳しくご説明します。また講座の中では講師の模擬授業もたくさん見て頂きます。これにより初級授業の流れ(授業の組み立て方、時間配分等)を理解し、自分で模擬授業を作ることができるようになります。

 

「教案」「各課ごとに分けた名詞・動詞・形容詞の語彙表」など、教師の授業準備の負担を軽減する補助プリントも多数ご用意しております。

 

「講座の説明」

担当講師による本講座の説明(5分57秒の動画)

 

各回授業の「ダイジェスト動画」

▶こちらからご覧頂けます。(第1回目授業〜第20回目授業のダイジェスト動画)

 

「ダイジェスト動画」の例(1)(8分45秒の動画)

 

「ダイジェスト動画」の例(2)(10分22秒の動画)

 

「配布資料の説明」

担当講師による配布資料の説明(3分08秒の動画)

 

<本講座でお配りする教案(指導案)等>

 

・授業の順番とポイント(各課内の進行が一目でわかるプリント)
各課ごとの授業の進め方を把握し、
同時に各文法・文型項目の分析をするためのプリントです。
「みんなの日本語」の1課~25課を網羅しています。
教え始めたばかりの先生にとっては必携の、
「一目でわかる『みん日』教え方マニュアル」です。

 

・文型分析シート 
教案作成の補助となるシートです。
文法・文型の「導入例」や、授業でそのまま使える「例文」を多数掲載しています。

 

・教案ブロック
「教案」の一部分を取り出したものです。
「導入用の教案ブロック」「QA練習用の教案ブロック」などがあります。
それぞれの教案ブロックを組み合わせると、1回分の授業の教案になります。
各課の重要文型についての教案ブロックをお配りしております。

 

・お手本教案 
ある文型を取り上げて、
「導入」→「基本練習」→「応用練習」までを行うための詳細な教案です。
全20回の講座の中で、9種類の「お手本教案」をお配りします。

 

上記以外にも、以下のような授業準備が楽になる資料をご用意しております。

・重要文法項目のまとめプリント
・ロールカードやインタビューシート
各課ごとの語彙リスト:
「みんなの日本語」第1~25課で出てくる動詞や形容詞を各課ごとにまとめたプリントです。動詞については「1,2,3グループ」、形容詞については「い形容詞」「な形容詞」に分かれています。
授業での語彙コントロールやテスト問題作成などの際にご活用頂けます。教え始めたばかりの先生には何回も見て頂きたいリストです。

 

受講生の声・修了生の活躍

「受講生の声」

▶こちらからご覧頂けます。

 

「受講⽣から頂いたメール」

▶こちらからご覧頂けます。

 

受講形態など

本講座は事前に収録した授業動画をインターネット上で視聴して頂きます。
※iPadやパソコン等のご自身の端末でのご視聴となります。
対面(教室)での受講及び同時双方向でのオンライン受講には対応しておりません。

 

<視聴可能期間>
受講開始時より一年間。
※視聴期間延長制度もございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

《授業動画の配信》及び《配布資料(290枚)のお届け》について

《授業動画の配信》
動画にアクセスするためのリンク(URL)をメールで送付致します。
※20回分の授業動画リンク(URL)をまとめてお送り致します。

 

《配布資料(290枚)のお届け》
①「紙の資料」を日本国内のご指定の場所に郵送(送料無料)
②「資料(PDF)」にアクセスするためのリンク(URL)をメールで送付
※上記の①もしくは②でのお届けとなります。
※20回分の資料をまとめてお送り致します。

 

受講の申し込み後にお送りする確認メール内に、
資料のお届け方法を選択する項目がございます。
どちらかのお届け方法をご指定下さい。

 

「紙の資料」は日本国外へのお届けは致しかねます。
日本国外にお住まいの方には、
「資料(PDF)」にアクセスするためのリンク(URL)をメールにて送付致します。

 

「日本語教え方講座」

・1回の授業:50分が3コマ
・合計20回
・配布資料:合計290枚

 

第1回目:第1課、第2課 「名詞述語文」
<配布資料>
・受講の前に(2枚)
・講座レジュメ(8枚)
・初級授業の基本構成(1枚)
・語彙リスト1(8枚)
・教案ブロック(4枚)
・授業の順番とポイント(4枚)
・文字学習アプリ等の紹介(5枚)
・助数詞リスト(1枚)

 

※配布資料の例(1)(2)
資料の画像をクリックすると拡大されます。
 (画面を拡大してもご確認頂けます)

 

第2回目:第3課、第4課 「動詞の時制」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(5枚)
・文型分析シート(1枚)
・教案ブロック(2枚)

 

第3回目:第5課、第6課 「移動動詞」「他動詞」
<配布資料>
・お手本教案5課(7枚)
・教案ブロック(6枚)
・語彙リスト2(3枚)
・授業の順番とポイント(1枚)

 

第4回目:第7課 「<もの>をあげる/もらう」
<配布資料>
・授受表現まとめ(1枚)
・授業の順番とポイント(1枚)
・インタビューシート(1枚)
・文型分析シート(1枚)
・お手本教案(6枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第5回目:第8課 「い形容詞」「な形容詞」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(2枚)
・文型分析シート(1枚)
・教案ブロック(4枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第6回目:第9課 「対象に<が>をとる表現」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(1枚)
・教案ブロック(4枚)
・漢字テキストの紹介(1枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第7回目:第10課、第11課 「存在文」「所在文」「助数詞」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(2枚)
・お手本教案(6枚)
・パワーポイントスライド資料(2枚)

 

第8回目:第12課 「形容詞の過去形」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(1枚)
・教案ブロック(6枚)
・課題用教案ブロック枠組(2枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第9回目:第13課 「動詞 ます形+に行きます」
<配布資料>
・語彙リスト3(3枚)
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(2枚)
・課題用教案ブロック枠組(2枚)
・教案ブロック(6枚)
・動詞のグループ(1枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第10回目:第14課 「て形」ほか
<配布資料>
・動詞の種類と「ている」(1枚)
・授業の順番とポイント(1枚)
・て形の作り方(1枚)
・教案ブロック(7枚)
・文型分析シート(2枚)
・課題用教案ブロック枠組(2枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第11回目:第15課 「動詞 て形+もいいですか」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(1枚)
・教案ブロック(3枚)
・課題用教案ブロック枠組(2枚)
・お手本教案(5枚)
・会話スクリプト(1枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第12回目:第16課 「形容詞 て形、~」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(2枚)
・課題用教案ブロック枠組(2枚)
・教案ブロック(9枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第13回目:第17課 「ない形」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(3枚)
・教案ブロック(3枚)
・お手本教案(7枚)
・インタビューシート(1枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第14回目:第18課 「辞書形」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(2枚)
・文型分析シート(2枚)
・教案ブロック(3枚)
・ロールカード(1枚)
・お手本教案(6枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第15回目:第19課 「た形」ほか
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(2枚)
・お手本教案(7枚)
・教案類フォーマット(6枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第16回目:第20課、第21課 「普通形」「普通体」ほか
<配布資料>
・普通形の作り方(1枚)
・「普通形」と「普通体」まとめ(1枚)
・授業の順番とポイント(3枚)
・教案ブロック(5枚)
・文型分析シート(1枚)
・パワーポイントスライド資料(3枚)

 

第17回目:第22課 「名詞修飾」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・教案ブロック(4枚)
・文型分析シート(2枚)
・お手本教案(6枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第18回目:第23課 「動詞 辞書形+と、〜」
<配布資料>
・授業の順番とポイント(1枚)
・文型分析シート(4枚)
・教案ブロック(1枚)
・お手本教案(5枚)
・パワーポイントスライド資料(2枚)

 

第19回目:第24課 「動詞 て形+あげる/くれる/もらう」
<配布資料>
・授受表現のまとめ(2枚)
・授業の順番とポイント(1枚)
・教案ブロック(7枚)
・文型分析シート(2枚)
・課題用教案ブロック枠組(3枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

第20回目:第25課 「動詞 た形+ら、〜/動詞 て形+も、〜」
<配布資料>
・条件文の整理(1枚)
・授業の順番とポイント(2枚)
・文型分析シート(4枚)
・教案ブロック(10枚)
・インタビューシート(1枚)
・パワーポイントスライド資料(1枚)

 

使用教材

※授業で使用する教科書(4冊)については各自での手配をお願い致します。
※全て株式会社スリーエーネットワーク発行

 

 

 

 

 

修了証書

講座を修了された方には「修了証書(PDF)」を発行致します。受講修了時にメールにて送付致します。

 

「日本語教え方講座」受講料等

授業時間:50分x3コマx20回
配布資料:合計290枚(各回平均14〜15枚)
※「紙の資料を無料で郵送」もしくは「PDFダウンロード」
受講料:39,600円(税込)

 

【お支払い方法について】
<BASE>
「クレジットカード決済」「Amazon Pay決済」「コンビニ決済」「PayPal決済」「銀行振込」
<Yahoo!ショッピング>
「クレジットカード決済」「PayPay残高払い」「コンビニ決済」「銀行振込」
がご利用頂けます。

 

講座のお申し込みはこちら >>

お問い合わせはこちら >>

講座についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

※「みんなの日本語」は株式会社スリーエーネットワークの登録商標です。




copyright© 株式会社日学舎. All Rights Reserved.